OCG カード考察 ~「直通断線(シャットライン)」~

本日の考察するのはこのカードです。

「直通断線(シャットライン)」 CIBR-JP079
カウンター罠

(1):このカードと同じ縦列でモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、セットされたこのカードを発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

「導爆線」といい、カードの配置を意識するカードが増えてきました。「直通断線」は自身と同じ縦列に存在するカードの効果を無効し発動することができます。

 

「同じ縦列」ということでやや柔軟性が低いですが、ノーコストです。使いにくさはプレイングでカバーでしょう。例えば既に相手のカードが存在する列にセットする、他のカードと一緒にセットをしてこのカードの位置をくらます、EXモンスターゾーンがある列に伏せる…など色々と考えられます。

 

今後もこういった盤面の位置を参照するカードが増えれば、デュエルがまた一つ奥深くなりそうです。遊戯王にボードゲーム要素が少しずつ加えられていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です