OCG カード考察 ~「涅槃の超魔導剣士(ニルヴァ―ナ・ハイ・パラディン)」~ 

涅槃の超魔導剣士(ニルヴァ―ナ・ハイ・パラディン)
星10 闇属性 魔法使い族・シンクロ・ペンデュラム ATK/3300 DEF/2500
【P効果 青8/赤8】
(1):自分のPモンスターが攻撃する場合、そのモンスターはその戦闘では破壊されず、 その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(2):自分のPモンスターが攻撃したダメージステップ終了時に発動する。 相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、攻撃したそのモンスターの 攻撃力分ダウンする。

【モンスター効果】
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドのP召喚したPモンスター1体を チューナーとして扱う事ができる。
(1):このカードがP召喚したPモンスターをチューナーとしてS召喚に成功した場合、 自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。相手のLPを半分にする。
(3):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。

 

本日の考察対象はTDILで登場したこのモンスターです。Pモンスターを見るたび、遊戯王のテキストも長々と複雑になったものだと思います。しかしこのカードはテキストの長さよりも効果に目がいきます。色々とおかしいことが書いてありますが一つ一つみていきましょう。

 

 【モンスター効果】
(1)はPモンスターをチューナーとしてシンクロ召喚した場合に発動する墓地のカードのサルベージです。回収するのはどんなカードでもよく、そのターンの使用制限もないので非常に強力ですね。使い道は…まあ好きなカードを回収すればいいんじゃない?(適当)

 

(2)は相手モンスターを戦闘で破壊した時、相手のLPを半分にするというもの。ライフ半分と言えばドグマガイでさえ1回きりであり、アトランタルに至っては墓地にNoをおくなど下準備が必要です。それを考えると戦闘破壊というかなり緩い条件で発動できます。しかも回数制限がないので2回攻撃を付与したり、次の相手のターンまで生き延びてまた戦闘が出来ればあっという間に相手のライフが減っていくでしょう。

 

(3)は破壊された場合にPゾーンに行くというものでそのままP効果につながります。

 

 

【P効果】
(1)はPモンスターへの戦闘耐性の付与と、戦闘ダメージのカット
(2)はPモンスターが攻撃するとそのモンスターの攻撃力分、相手の全てのモンスターの攻撃力をダウンさせるというもの。(1)の効果によりPモンスターの攻撃が通りやすいので発動の機会にはまず困らない。

 

正にPデッキの切り札とも言うべきカードです。今の環境だとこの程度のシンクロモンスターの召喚は難しくなく、チューナー含めて合計レベルを10にするようP召喚できればすぐに出せます。

 

コナミが確信犯的に考えたであろう効果がやはりカードのサルベージと相手ライフ半減の効果でしょう。何故制約を設けなかったのかが不思議なくらいです。9期は凶悪なカードをたくさん輩出してきましたが、効果だけを見るとこれほどの壊れカードは中々珍しいですね。いっそのことこのカードを主軸にした【涅槃の超魔導剣士】なるデッキを目指してもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です