OCG カード考察 ~「導爆線」~

「導爆線」 CIBR-JP078
罠カード
(1):このカードと同じ縦列のカード1枚を対象として、セットされたこのカードを発動できる。そのカードを破壊する。

 

本日はこのカードを考察します。

 

効果は極めてシンプルで、自身と同じ列に存在するカード1枚を対象として破壊します。「直通断線」同様にカードの列に関係する効果です。

 

このカードの強みはフリーチェーンかつノーコストの除去という点ですね。似たカードに「サンダー・ブレイク」や「フレンドリーファイア」がありますが、前者は手札コストが必要で、後者は効果を発動したカードそのものは破壊できません。

 

セットする位置はエクストラモンスターゾーンの列や既にカードが存在する列が候補でしょう。破壊をトリガーに効果を発動する自分のカードを狙うのも手ですね。

 

癖がなくとても分かり易い効果です。「テキストが短いカードは強い」をよく表しています。それでいて「列」を参照するため、伏せる位置やプレイングに一考が必要です。

 

シンプルながら「サイクロン」のような非常にテクニカルなカードと言えるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です