カードローン

カードローン 通常魔法
このカード名のカードは自分のライフポイントが4000以上の場合のみ1ターンに1度使用できる。このカード名の効果を発動するターン、自分は特殊召喚をすることができず、他の「デッキからドローする」または「デッキからカードを手札に加える」効果を持つカードを発動できない。
(1):デッキからカードを3枚までドローする。
(2):(1)の効果を適用した次の自分のスタンバイフェイズ時、自分はこのカードの効果でドローしたカードと等しい枚数、手札からカードを選択してデッキに戻し、その枚数×1000のライフポイントを失う。カードを戻せない場合、自分のフィールド上のカードを全てデッキに戻し、自分のライフポイントを半分にする。

“カードローン” の続きを読む

反間の計

反間の計 速攻魔法

(1): 相手は自分フィールド上のモンスター1体を選択し、そのコントロールを得る。このモンスターはシンクロ素材、エクシーズ素材、リンク素材に出来ず、いかなる方法によってもリリースすることが出来ない。
(2): (1)の効果でコントロールが相手に移ったモンスターが相手フィールド上に存在する限り、お互いのスタンバイフェイズ毎に、自分は相手フィールド上にセットしてあるカード1枚か、相手の手札を1枚選択して確認することができる。
(3):このカードの発動後、相手ターンで数えて3ターン後のエンドフェイズ時、(1)の効果でコントロールが相手に移ったモンスターを自分フィールド上に戻す。

“反間の計” の続きを読む

さらなる制限

さらなる制限 永続魔法
このカード名のカードは制限カードの効果によって破壊されない。
(1): このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いのプレイヤーは1ターンに1枚しか制限カードを使用できない。

 

 制限カードの使用を制限するという内容。割とベタな効果かな。制限カードは1枚でデュエルの流れを変えてしまうカードが多いので、この手のカードが出るとゲームの駆け引きが楽しくなるのではないでしょうか。

壺あさり

壺あさり 速攻魔法
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1): 相手の墓地に存在する「壺あさり」以外の「壺」カード1枚に付き、デッキからカードを1枚ドローする。

 

 遊戯王で「壺」シリーズといえばドローソースの代名詞です。このカードは壺の中を漁ってカードが残っていないか探しています。お互いの墓地の「壺」カードを参照にしてしまうと自分のデッキに複数枚壺カードを入れると反則的なドローが出来てしまいます。

 

 そのため相手依存にしてメタ性を高めました。発想としてはありがちなので、いずれこのような種類のカードもOCG化されそうです。