次元の亀裂

次元の亀裂
永続罠
(1):相手モンスターが攻撃宣言する度にこのカードに亀裂カウンターを1つ置く。
(2):このカードが墓地に送られた場合に発動する。その時このカードに乗っていた亀裂カウンターの数により以下の効果を適用する。
1つ以上:フィールドのカード1枚を対象として発動する。そのカードを除外する。
3つ以上:相手の墓地のカード3枚までを対象として発動する。そのカードを除外する。
5つ以上:相手の手札を1枚ランダムに除外する。
7つ以上:フィールドの全てのカードを除外する。

 

イメージとしてはこうです。モンスターが攻撃する度にフィールドに次元の亀裂が入っていく。攻撃の度にその衝撃で亀裂は拡大していき、それに伴い亀裂が破裂した時の除外に巻き込まれるカードが増えていく・・・。

 

実際にアドバンテージを取れるのは破壊され墓地に送られた時です。相手からこのカードを破壊してくれることはまずないので、自分から能動的に破壊する手段と合わせて使うことになるでしょう。

 

除外するのが1テンポ遅いので、『次元幽閉』を使った方が早いかもしれませんが、こちらはカウンターが増えるにつれ効果が重複していきます。

 

結果、相手の攻撃を牽制する嫌なカードになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です